ほんとの話!?イギリスが激安 2017年度

また!英字以上に!絵本のイラストをよく見て楽しんでいる姿に驚きました。Oxford Reading Treeの購入を検討されている方は!絶対にこの本をゆっくり読んだ後!収録されているお話(ステージ1〜7)を実際にお子さんに試された方がいいと思いました。たったの19語。

コチラですっ♪

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

イギリスイギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ [ 古川昭夫 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

「これおもしろい!!もっと読みたい!!」息子(小2)が目を輝かせて言うのでビックリしました。初めてでは自分のレベル以上だと思っても、何度も聞いてやがて聞き取れるようになりました。掲載8冊のセレクションも非常に良かったと思います。ORT自体!はじめて手にしたのですが!自分が使いたい教材のレベルを調べるのには丁度よいかな・・と思う程度でした。このように!登場人物をあらかじめチェックしておくと!後々の理解の助けになります。Stage 5の「The Magic Key」やStage 6の「The Laughing Princess」は!大人が読んでもおもしろいですね。もっと指導要項などが詳細に書かれていると思ったのですが、一般常識的な事が書かれていて、ちょっとがっかりでした。現場で実際に使われているものであること!オックスフォードリーディングが試し読みできること!などが魅力的でした。英語とはこういうものだと理解させられました。(日本語訳はありません)実際に聞いてみて!ゆっくり丁寧なのに!文章と発音が一致しないことに!改めて驚きました。キッパー(主人公)の家族紹介のページもありました。無駄だと思われた(ゴメンナサイ)Stage 1の「Six in Bed」。文法が苦手なので、母国語みたいに音声から理屈抜きで覚えたいと思い、とにかく耳から覚えられる方法にしました。ヒントがちゃんとこの本に書かれていましたよ。うちの子がORTを始めるにあたって!Stage 1はとばしますが!この本で登場人物の名前と顔を整理して覚えておけます。「大人も子どもも、そのストーリーのおもしろさにはまる」って。ORTってどんな感じだろう?というのを掴むには、とても良い本でした。イギリス英語を習得したくて購入しました。毎日聞いていると、意味は正確に理解できなくても、耳に残って口に出すことができるようになりました。また!どのようにして取り組ませればいいか!です。。やっぱり噂?はホントだったのね。さて!とにかく私たちが知りたいのは!どのステージから始めればいいか!ということですよね。オックスフォード リーディング ツリー(Oxford Reading Tree 略してORT)。キッパーの姉の名前はビフ。ネット上でサンプルページや情報があふれていますが、1冊を全ぺージCD付で試してみることはできません。ビフはニックネームで!バーバラが本名だってご存知でしたか?チップの本名は??ビフとチップが双子の兄弟だとは知りませんでした。とにかく続けることが大切なのだと思います。特に、andの使い方の解説にはうなってしまいました(深い!!)。でも、こんな易しい内容からも学ぶことはたくさんありました。Mum and Dad.Mum, Kipper and Dad.Mum, Kipper, Dad, and Chip.Biff, Mum, Kipper, Dad, Chipand Floppy.たったこれだけなんです。